自分とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルを、「自分とは」にしてみました。

自分がいて、家族がいて、仲間がいます。

まずそれに感謝します。

そして両親に感謝します。

この世に生まれたことに感謝です!

 

そんなところから

 

「ネガティブな感情」の魔法の本より

心理学者

ブレネー・ブラウンさん

本田健氏(訳・解説)

 

魔法のルール1

「人がどう思うか」より

「自分はどうしたいか」

 

「やりたいことをやる」と宣言する

「本当の自分」は、毎日の選択の積み重ねでつくられます。

「ありのままの自分は、そうあることを選びさえすれば手に入る」

「なるべき自分」を捨て、「ありのままの自分」を受け入れる」

 

 

「いまの自分じゃダメだ」という悪魔の声に

現状を打破できるのは、ありのままの自分を表に出す「行為」では

ありません。私流に言えば、ありのままの自分を表に出すと決意する

「勇気」です。

大切なのは、自分の考えを表現することであって、批判に慣れること

ではありません。

自分のアイデア、意見、提案を口にしなければ、闇に葬られるだけで

すが、そうすると、あなたの価値はいったい何なのでしょうか。

それに安全と引き換えに本当の自分を捨てた場合、その副作用は

何だと思いますか?

不安、抑うつ、摂食障害、依存症、怒り、非難、恨み、わけのわからない

悲しみ一こういった症状が現れてきていまうのです。

 

 

「自分らしい自分DIG!」のルール

 

D・心を落ち着ける

(自分の弱さに直面したとき、落ち着いて自分の気持ちに集中し、こうくり返します。

「ひるんではダメ。嘆いてもダメ。しっかり地に足をつけて立とう」。

I・元気のもとを手に入れる

(勇気は伝染するもの)

「あなたが勇気を出さなくちゃ!そうすればみんなが勇気を出せるのよ」

G・行動に出る

(あなたも、「自分に嘘をつかない」ことを最優先にして前に進んでいってください。)

 

 

 

私の感覚で、ピックアップした文章でした。

もし自分に負けそうなときは、もう1度読んでみてください!!

今日は、自分とはから入りましたが、今に感謝しポジティブに考え

前に進んで生きましょう!!

(^-^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。